楽天モバイルの速度について

楽天モバイルの回線は、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。スピードについては、ドコモ回線と同じ回線なら、速さに関しての不安はきれいに払拭できそうです。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの大きな魅力と言えそうです。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

楽天モバイルの3日制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者全てが平等に使えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 定められたデータ容量を超えた人に対して、速度を制限した状態で回線を使用することになります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルのお得な料金プランはご存知でしょうか?月々のスマホ使用料金と比較して、どれだけ携帯料金が節約できるのかを楽しみながら、読んでいただければいいと思います。それでは、月額プランの詳細を見てみましょう。

楽天モバイルの月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金プランは、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声通話SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

楽天モバイルの契約縛りについて

最低利用期間と解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、解約手数料9.800円がかかってしまいます。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

楽天格安スマホの特徴まとめ

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。またdocomo回線を利用しているため、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに、楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるキャンペーンを実施中です。そんな訳でして、楽天モバイルについて詳しく調べてまとめましたので、節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomo回線を利用した格安SIMサービス

楽天モバイルの回線はドコモのものを使っています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。docomoのスマホを利用している方でしたら、だいたいはお使いの機種のままでご利用いただけます。そのため、楽天モバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、わざわざ高いスマホを買う必要がなく、お財布に優しいのが利点です。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇る楽天モバイル回線はお得です。

セットのSIMフリースマホが豊富

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たにスマートフォンの購入が必要になります。楽天モバイルで取扱いのあるスマホは、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。だたし、楽天モバイルを契約する際には一つだけ注意することがあり、端末購入代金の分割払いは、楽天カードでの分割払いのみ可能なことです。そのため楽天カードを利用していない方は、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。そういったことはありますが、選べる機種の豊富な点においては他のMVNOの追随を許しませんので、そこが魅力といえるでしょう。

あまったデータ量の翌月繰越にも対応

各プランでデータ容量が異なりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。楽天モバイルならば、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。余ったデータ容量を繰り越すことができないMVNOもありますので、この点、楽天モバイルの魅力の一つと言えます。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

通話代が半額で済む、楽天でんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、そのため、使い勝手の良さは楽天でんわの方が優秀と言えるのです。もう一つ嬉しいお知らせですが、楽天でんわを利用した通話料に対しても、なんと楽天ポイントの対象になるのです!電話しただけポイントが貯まるお得なサービスは他にはありません。通話が楽しくなりますね。通話かけ放題のオプションサービスも開始しました。

5分かけ放題

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。メリットは月々の基本使用料が安いだけだと思ってる人が大半でしょう。所が最近そういった欠点を埋めるようなサービスを始めた会社があります。楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」という新サービスが始まりました。月々850円で、国内通話の最初の5分間は、何度でも無料になるのです。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、発信に関してはこれまでと何ら変わることなく、電話かけ放題になるという点も見逃せません。ほかにも、通話し放題サービスを行っているNifMoでは、発信者番号通知に対応していない場合があるらしいです。楽天でんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますので単純に月に40分から1時間以上話す人にとっては頼もしいサービスだと思います。

到着月は料金が無料に!

楽天モバイルの申し込みをすると、始めの1ヶ月分の月額料金が「無料!」になります。この最初の1ヶ月というのは、SIMやスマホ本体が届いた月のことです。SIMカードが月初めに届いたとしたら、ほぼ一ヶ月分の無料期間となりオトクですね。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、月初めまで待って契約するのが得か?というと、そうではないこともあります。よく計算してみてくださいね。

間もなく締切のキャンペーン!!