mineo格安SIMの特色まとめ

mineoは格安SIM・格安スマホを取り扱っていてdocomo、auの回線を利用しているMVNOです。現在使っているキャリアから乗り換えをすると、スマホの月々の料金がかなり安くなります。mineoでは、毎月1310円で格安SIMが利用できてしまいます。mineoは日本初のマルチキャリアMVNOであり、docomoまたはau回線が利用できる格安スマホサービスになっています。docomoやauと同じ電波エリアや音声品質で利用できるので、とてもお得なサービスですね。それでは、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、楽しく読んで下さいね♪

docomoとAU回線を利用した格安スマホサービス

マルチキャリア対応のmineoはdocomoプランとauプランが選べます。音声通話つきプランを選べば、docomo、auと同じ音質の通話をすることができますし、当然ながら通話エリアに関しても全く変わりがありません。現在、auやdocomoのスマートフォンを使っていれば、その機体を継続して使用することができることが多く、わざわざ買い換える必要がないというのは便利だといえます。使い慣れた本体をそのまま使え、出費を抑えることができるというメリットがあります。もちろん、新たにセット販売されている格安スマホを購入し利用することもできます。「通話できない場所はない」そういっても良いほど繋がるキャリア回線を安価で使用できますし、docomoにするか、auにするか、お好きな回線を選んで契約することが可能となっています。キャリアをお選びいただく中で、少し料金が異なるのでその点も比較しながから検討してしてはいかがですか。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

mineoは、他社に先駆けて高音質の通話が可能なVoLTE対応プランを提供しました。このVoLTEは、従来の通話方式よりも音質が改善された、最も新しい通話スタイルのことです。今までは、300Hz~3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。VoLTE対応はmineoにとって最大なメリットともいえるのです。

翌月くりこしに対応している

ケイ・オプティコムのmineoはデータ量が制限内で収まれば、また翌月に通信量が繰り越されて、パケットの通信料が月によって変わるという方にとっても、大きなメリットとして気にせずに利用できるのがポイントです。

mineoスイッチアプリを駆使して、通信量を節約!

mineoスイッチというものもありますので、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、さらに低額なプランとして月々の料金を押えることができると思います。スマホ利用料金を抑える上で有効な手段になってくれるはずです!

ケイ・オプティコムの格安スマホの月額プラン

mineoの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、手掛かりとしてください。どれぐらい節約できるのか、料金プランを見ていきましょう。

mineoの月額プランと初期費用

mineoのプランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

解約制限

解約縛りと解約手数料に関して、ご紹介していきます。最低利用期間等の縛りがないmineoは、解約時に解約手数料が掛かりません。違約金のことを考えずに、気楽に格安スマホを試せるという点で、mineoのセールスポイントの一つです。ただ、一つだけ気をつけないといけないのは、1年以内のMNP転出だけはMNP転出手数料として12,420円が掛かります。この点においては、音声SIMを契約する際に注意が必要です。

mineo速度に関して

mineoのインターネット通信速度について調べてみました。ドコモ回線を利用するプランでは225MbpsのLTE回線ですし、auの回線を利用したプランでも同様の通信速度になっています。各メディアでも話題になっている事ですが、回線が混雑する時間帯では、キャリア契約の回線の方が通信速度が上なのです。混雑時間帯でも、常に安定したデータ通信速度を要求されるならば、キャリア契約を選択したほうが無難です。こんなにも良心的な月額料金ですから、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

マイネオ AU回線プラン72時間制限に関して

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用者が平等に快適に利用できるように、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、速度制限がかけられます。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。mineoでは、各契約プランごとの規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランでの72時間制限0

ドコモ回線を使うmineoのプランのメリットは、直近3日間に使用したデータ通信量による速度制限がありません。一日のデータ通信量の合計が日によってバラつきがある人は、auの回線よりdocomoの回線で契約した方が、制限を一切気にすることなく使えます。そうした日頃のスマホの使い方を良く検討して、より良いプランを選択されるのがいいと思います。

【間もなく終了】キャンペーン!